Conflict Minerals Platform

影響分析

的確な戦略決定のための影響分析

効率的な紛争鉱物コンプライアンス計画実施のための準備

2014年12月31日に終了する第二期紛争鉱物報告期間において、ドッド・フランク法1502条及び関係規則の対象と なる企業は、直ちに適切なコンプライアンス戦略と計画を策定しなくてはなりません。第一期の報告期間においては、対象となる企業にとって、2015年5月の第二期紛争鉱物報告期限に向けた適切な準備の必要性を認識する事となりました。 第一期では多くの企業は、“未確定“とされ、報告内容・精度を向上させる事が強く求められる結果となりました。

iPointは、紛争鉱物報告について知りたい企業のために、2日間にわたる影響分析ワークショップを開催しま す。ワークショップでは、紛争鉱物データの収集と報告のためのわかりやすい計画の策定と実施のサポートをいたします。また、 iPoint紛争鉱物プラットフォームに関する実践的な案内とデモ(操作説明)も行います。

影響分析では以下を行います。

  • 貴社の現在のコンプライアンス・プロセスの評価
  • 紛争鉱物に関する制定法の概要
  • 紛争鉱物に関する義務を遵守するためのiPCMPの使い方の説明
  • お客様の今後のプロセスと革新的なiPCMPプロセスとの適合性
  • より効率的なデータ収集のためのシステム統合の可能性についての検討
  • 貴社の要件を満たすためにコンフィギュレーションを必要とするエリアの特定
  • iPCMPに移管するにあったての既存の原材料データの分析
  • 懸念事項の特定とアドバイスの提供
  • 業務上の優先事項に関する課題の整理

分析段階から得られた結果

ワークショップの最後に、以下の資料をお渡しします。

  • 紛争鉱物報告実施にむけたアプローチ案を含む要件資料
  • プロジェクトスケジュール案