Conflict Minerals Platform

背景&資料

紛争鉱物開示規制の背景

業界への課題

米 国の株式公開企業(同法において「株式発行人」)は、自社製品またはその製造過程に必要な鉱物が、コンゴ民主共和国で産出された紛争鉱物であるかどうかの開示が 必要です。紛争鉱物を使用している場合、企業は報告書を米証券取引委員会に提出しなければなりません。(デューデリジェンスの詳細と独立第三者による監査 を含む)株式発行人の義務の詳細については以下のサイトをご覧ください。


"Conflict Minerals – What Issuers Should Know" by Jeffrey Rubin


米国で株式を公開していない企業は、ドッド・フランク法の影響を直接的には受けず、 つまり法律上は、紛争鉱物への積極的な取り組みを義務付けられてはいません。しかしながら、米国の株式公開企業のサプライヤーである企業にはすべて、間接 的な影響が及ぶことになります。顧客企業からのリクエストに対応する必要がある為、報告要求がサプライチェーン上を引き継がれて行くからです。

15 Facts about the Conflict Minerals Regulation of the EU that you should know

EU Conflict Minerals Regulation: Frequently Asked Questions

On May 19, 2017, EU Conflict Minerals Regulation was published in the Official Journal of the European Union. The new Regulation will take effect on January 1, 2021. This FAQ document outlines key elements of the new law.

Software solutions for Conflict Minerals - Save time and money

Manage your Conflict Minerals program with a cloud-based software solution.

Learn how to build the business case for Conflict Minerals Compliance Software Automation.